NEWS DETAIL

お知らせ詳細

日本の防災の未来を変える6団体が決定!!

日本の防災の未来を変える6団体が決定しました!

2020年の解散と同時に発表された「防災に特化した」中期的アクセラレータープログラム『IMPACTFUL ACCELERATE PROGRAM FOR DRR』。6月1日(土)決定した6団体が集い、プログラムが始動しました。全国から熱意ある応募をいただき厳正なる審査の結果選ばれた6団体をご紹介します。

 

防災業界に一石を投じ、業界を加速させ革命を起こせる可能性の高いメンバーをご紹介

今回、審査で重視したのが「チーム力」「防災業界の牽引力」「成長の可能性」の3軸。その後二次選考の面接で本プログラムとの相性や半年間で成長する意欲、防災を事業化することに対する覚悟や思考の柔軟性を審査させていただきました。

 

Challenger No.1【株式会社 Tech Design】

設立年:2015年|活動拠点:東京・大阪|代表者名:津田裕大

 

Challenger No.2【株式会社 IKUSA】

設立年:2012年|活動拠点:東京・大阪|代表者名:赤坂大樹

 

Challenger No.3【株式会社 CINQ】

設立年:2012年|活動拠点:福井|代表者名:松下明弘

 

Challenger No.4【√2×4×5(るーとによんご)】

設立年:2019年|活動拠点:兵庫・岡山・沖縄|代表者名:坂本洋展

 

Challenger No.5【株式会社 ヒロモリ「Fun to BOSAI」プロジェクト】

設立年:2018年|活動拠点:東京|代表者名:蓜島千恵子

 

Challenger No.6【チームKOKUA】

設立年:2019年|活動拠点:東京|代表者名:泉勇作

 

 

以上の6団体で2020年3月11日の防災ガール解散へ向け、ここから半年間、それぞれの団体が持つ新しい防災のアイディアをビジネスへ昇華させながら、「次世代の防災の担い手」を育成し、日本の防災の未来を加速させていきます。

 

みなさん、応援よろしくお願いします!



この記事をシェアする