ー2017年春、新しく事務局に加入するいま、思うこと。

ー2017年春、新しく事務局に加入するいま、思うこと、

こんにちは。
2017年3月11日から防災ガール事務局に新しく加入するりえこです!
今回、新事務局に入るわたしが思うこととして、1つの記事としてここでお話しさせていただきます。

 

 

「積極性」の1年でした。

 

わたしは、2016年4月から防災ガールに加入し、もうすぐ防災ガールメンバーになって1年になります。
1年って、普通の企業やサークル活動なんかで考えたら、ようやくちょっとは周りが見えるようになるくらいの日数。でも、防災ガールでは正直1年って結構長いなぁと思えるくらい、さまざまなことに挑戦させてもらいました。
国際航業さんとのマップトートの作成、#beORANGEの東京イベント、人事管理チームとしての活動や、熊本支援への参加などなど……

 

わたしは「機会が目の前にあるなら、後悔しないように、やってみたいこと、おもしろそうなことには挑戦してみよう!」と思ってしまいがち。

そして、いちど誘われたら、断るよりも「面白そう!やってみたい!!」と、いい意味でも悪い意味でも思ってしまいがちなタイプです。そんなわけで、「いろんなことに挑戦したい!」と手を上げて、防災ガールでもたくさん挑戦の機会をいただきました。

 

今回、事務局になることを決めたのも、ある意味そんなわたしの性格のひとつの表れかもしれません。新しい機会を目の前にして、(学生なので、進路のこととか漠然と将来に対する不安も山積みなのに)、わくわくして、「やろう!!」と思いました。

 

 

防災ガールと、防災ガールの「ひと」に出会って

 

 

防災ガールの活動や、研修などを通じて、いろんなバックグラウンドをもったいろんな年代の人、いろんな動機をもって集まっている防災ガールメンバーに出会っいました。そして、そうした人たちと一緒に活動できること、それ自体もすごく面白いなと加入当初から感じてきました。

 

いろいろな人達が集まっているおかげで、研修のひとつでメンバーと話すときにはたくさんの発見があったし、自分に見えていなかった世界が何気ないところでもたくさんあるんだということを、比較的限られたコミュニティの中で生きてきたので余計に感じました。わたし自信がこの一年でたくさんの面白さを感じてきたように、これから入ってくる新メンバーとの出会いの中でもこういうことをきっとたくさん感じるのだろうな!と思って、今からとてもわくわくしています。

 

「防災」について思うこと

 

わたしはいま現役大学生なのですが、いま大学で学んでいる、都市やまちのことについて、うっすらと興味を持ったのは東日本大震災後の報道がひとつのきっかけでした。
そして、わたしが防災にいまのように大きく興味を持ったのもまた、東日本大震災での、いわゆる釜石の奇跡という事例を知ったことがきっかけでした。(この出会いは大学生活を送る中で、防災ガールとの出会い以外にもわたしのさまざまな経験のきっかけとなっていて、改めて感謝しています。)

 

防災以外でもそうだとは思いますが、「ひと」の力が防災においてもすごく大きな力を持つということに深く感銘や衝撃を受けた一個人として、個人個人の意識に訴えかける防災ガールの活動に深くかかわっていけることはとても面白いと思っています。

 

もちろん、大学などで学ぶ中で、「個人の防災だけ」「ハードの防災だけ」ではなく、これらが連携していくこと、相乗効果を生むことが必要だと個人的には感じているという問題意識もこっそりあったりしますが、それでも、そうした両輪のことを実際に防災の普及啓発に携わりながら知るきっかけになっているのは良い機会だなと感じています。

 

そんな風に問題意識も持ちながら大学での学びも深める一方で、自分の災害に対する経験としては、わたしは見聞きしたことが少しあるくらいです。
「実体験としては知らないこともきっとたくさんあるのに、防災を語るのは偽善なのかもしれない。」

 

そんなふうに思うことも、正直なところ、時々あります。わたし、これでいいのかな?と。
それでも、防災を難しいことではなく、少しでも面白い、自分にできる「自分ごと」にできたら。いつか想定外のことが起きても、あのとき備えの気持ちがあってよかったって思う未来をつくることができたらいいなと思います。

 

だからこそ、防災ガールにかかわる「ひと」にかかわる

 

ちょっと話がそれましたが、とにかくわたしは、ひとの力による防災から、「防災」に興味をもちました。
人の力を信じたいからこそ、防災ガールのひとの力、ひとの相乗効果で生まれる力も同時に信じたい。
そして、「防災ガール」という場所で出会えるたくさんの、生き抜く力強めなひとたちとのコミュニティをもっと面白くしたい!
そんな思いをもって、2017年度前期からは事務局としてコミュニティマネジメントチームに携わっていきます。これを書きながらも若干、いや結構、ドキドキしています…!(笑)

 

今回、事務局になるにあたって少しずつ準備をすすめる中でも、まだまだ自分が及ばない視点や、スキルが本当にたくさんあるなと痛感しています。
まだ若いから、というただ一つの理由に少し甘えている気もするけれど、それでも、まだ成長の余地があるぞ!とか、何かしらのことを感じてもらって、自分が課題に直面できる状況を得られていること、まだまだたくさん吸収できることがあるよって、少しずつ見せられているのもすごくありがたい機会です。こんな言い方すると、若干、呑気かもしれないですけど。

 

こうして自分に期待し、機会を与えるという形で投資してくれている周りの人に対しても、目をかけてよかったと多少は思ってもらえるように、個人としても精進したいなと思っています。(笑)
そして、こういうまだまだ未熟な、新鮮な目線で考えられるからこそ貢献できることもきっといろいろあると思うので、そういう面でも、長い目で見てりえこが事務局にはいってよかった、と思わせたいです(自分にプレッシャーをかける意味でも)。

 

宣言。

 

と、いろいろ思うことはあるけれど、楽しく、わくわくしながら、そしてたくさんたくさん考えて、実際に活動していく中でいろんなことを吸収して、まだまだたくさん防災ガールの活動の中で成長していきたいと思っています!

まだまだ、至らないところもきっとたくさんあるけれど、だからって物怖じせず、
いまの「不安定さでバランスをとっている」ようなわたしだからこそできる防災ガール、防災そのものへの貢献がすこしでもたくさんできるように、頑張っていきたいと思います!